二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 弓の換え時

11月の演奏もおわり、
ikuriの二胡っ弾き、二人そろって弓交換です。

弓の交換自体は、いたって簡単。
手元側にあるねじを緩めて、
二本の弦を緩めて、
古い弓をとりはずし、新しい弓をはめれば出来上がり!

問題は、
新しい弓に馴染むまで時間がかかるということ。
弓の毛に塗る松脂も、新しいと馴染みが悪い(と思う)。
何より、
使い慣れた弓の重さや、押し引きのタイミング、
音をキレイに出すために必要な力加減なんかが
弓一本一本違うので
それに慣れるのに時間が必要です。

来月の演奏までに、モノにせねば・・・。

慣らすために、9月から時々使っていたんですが、
実は、まだ、出しにくい音とか、あったりします。

こちら、以前使っていた弓。
弓2
毛の量もすっかり減り・・。それでもまだまだ使いたかったんだけど、
しまいにゃぁ、根元のところが、ぐらぐらに。

今度はこれに換えました。
弓1

長さの違うもの、毛の量が違うもの、北京式だ上海式だとか
いろいろあるので、きっと悩む人もいるんでしょうけども、
使ってみて、感じが良ければいいじゃあないかと思うので、
私個人的には、いろいろ試してみよー!と思ってまーす。

果たして、今度の弓との相性は・・・?

by二胡っ弾き・babu

0 Comments

Add your comment