Welcome to my blog

二胡っぴきbabu

二胡っぴきbabu

今のお師匠のところへ通いはじめて1年が経ちました。
いや~~我ながら、よくぞ、ここまで!(ほめすぎ・・)

今日は、見学の方がおられました。
緊張はしないんですけどもね、
この見学の結果、「やっぱり習うのや~めた!」
って事にならないように、しっかりやらねば!という、
妙な使命感が。そして武者震い。

課題は、『江南春色』。
朝の風景から始まるこの曲。鳥も朝を告げにやってきます。
澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込む感じです。
前半はとても情感こめやすく、好きです。
後半はだんだんどんどん早くな展開→指練的な早弾き。
お師匠はこの部分がキライらしい。。味もなにもない!とな。
曰く「早いだけだから、できるね?」・・・。
はっはっは。(^^;) いや、それが難しいんですケド。

先週、前奏と前半三分の一をやっていたのでそこまでは一人で。
その先はお師匠と一緒に、いろいろ修正されつつ。
次々と増える新しい技。ううむ。覚えられるかしらんらん。
今回、お師匠の手書きの楽譜で、必要最低限の記号しか記載がなく、
録音した模範演奏を聴きつつ、「きっとこれだろう!」
と予想してやっていたものが次々と修正され。必死の攻防戦でした。

今日は久々に「男らしく!」も復活。
「先生、わたしゃ、女ですが・・」と言ってみるも、
「男らしいほうが良い!こう、大きく!」
ここんとこ、日々の練習は、夜、消音練習になりがちだったので
弓が無意識に遠慮がちになってるんだろうなぁ~。
スタジオにこもって大音量出して練習しようっと!

レッスン後はいろいろとおしゃべり。
見学の方、一緒に来てた娘さんも一緒に、あれやこれやと。
面白かった話は、
『三線弾きの方に呼ばれて行ったら、いきなり、その場で録音、
楽譜もなし、オールアドリブだった』という、お師匠の話。
うわぁ・・・。
アドリブは、ライブではノリで行っちゃえ! って思うけど、
録音は考えただけでもホエェ~~~って感じ。
笑って話してらしたから、
きっと現場でもいつもの笑顔で演奏されたんだろうなぁ~。
その域に達するには・・・。まだまだ遠い道のり・・。

あ。ちなみに。
見学の方は、無事に(?)習いに来ることに決められたようで、
良かったで~す。よろしくおねがいしま~す。


by 二胡っぴき babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply