二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 鍵ハモの唄口

今日で9月も終わりですねぇ~。
私は秋の始めの、夜の冷えた空気の匂いが好きです。
うまく説明できないけども。
この匂いをかぐと、
ああ、これから寒くなっていくんだなぁ~~夏は完全に終わったなぁ~と
思うんです。
そして、どうしてか、ちょっと切ない気持ちになるんですねぇ。
なぜでしょね?秋ってのは、切ない気持ちにさせる季節です。

さてはてさて。

先日、鍵盤ハーモニカの唄口の予備を買いました。
私が普段つかってるのは、
子どもの頃つかってた、白いホースの付いたのでなく、
所謂、立奏用のやつです。

「予備がいるほど消耗するの?」
と聞かれれば、答えは「いいえ」ですが。
でも
吹く時の癖で、噛んでしまうんですよ~口に当てる部分を。
それに、なんども抜き差しすると、ゴムパッキンの部分が磨り減るような気が。
kenhamo1.jpg
手前が最近良くつかってる唄口。噛んでるとこが白くなってますな・・・。

で、これまでは、ホーナーのを、緊急時は無理やり使おうと思ってたんですが、
ほおら、形も結構違うんですよね。
kenhamo2.jpg
左がホーナー、右が現在メインで使うスズキのもの。

なので、スズキの唄口をもう一つ購入しました。
でも、とりあえず、今使ってるのが口に慣れてきてるので、
取り出すとき間違えないように、番号書いてみました。
kenhamo3.jpg
おやおや、予想より不気味・・・・・。

by 二胡っぴきbabu


にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ

0 Comments

Add your comment