Welcome to my blog

二胡っぴきbabu

二胡っぴきbabu

先月末から、時間的余裕が生まれたので
ばっちり練習してレッスンに望みました。
自分的には。
そう、課題は相も変はらず『豫北叙事曲』。

もう5ヶ月目ですからねぇ。
ぼちぼち、OKいただきたいとこデス。

さて。

練習をどんなにやっていっても、
それでも
やはりお師匠の前では緊張してしまいます。

特に、この曲の2段目。

なんでしょね。これは。

私、たぶん、
それほど、間違ってはないんです。
楽譜に沿っていうと。

でも弾きながら
「ああぁ~~、私ってニセモノ・・」
って思っちゃうんです・・。

なんていうか。

DNAの違い?

微妙なノリが違うというか。

血が違う?呼吸が違う?

ほら、たとえば。
沖縄の音楽をしっくり演奏するのが他県民にはムズカシイように。

まさしくそんな感じ。

譜面的に正しく弾いても
この曲はたぶん、情感豊かに聴こえない。
かといって
お師匠の表現を完コピしても
それはまた意味違う。
だって、それはお師匠の二胡だから。
やっぱり私はニセモノになってしまふ。

そもそも
私は、すごく全力でこの曲に取り組むのに
お師匠は、楽勝な雰囲気。
弾く事に全力必死の私に対して
お師匠は、当然ながら、この曲を我が物にしているから
ほどよく力が抜けてらっしゃる。

はぁ・・。
この曲が、この曲らしく響かない。

こういう時に
他国の民族楽器で、その風情を表現する難しさを
痛感します。

あんまりくやしいので
今月はもう一日レッスンへ参りまする!

次こそは~~次こそは~~~~!

by 二胡っぴきbabu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へにほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ

最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply