二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 二胡っぴきbabuのレッスン記19・『怀乡曲』『金珠玛米赞』

レッスン記がちょっとおさぼりになってました。
今月初旬のレッスン記です。

思い起こせば。。たしか。。
前回9月、『怀乡曲』のレッスンをしてぇ、
「理解できてるね、でも、もっと練習してね」
と言われ
「練習できたら次これね」
と渡された楽譜が『金珠玛米赞』
だったんです。

なので、今月のレッスンに、
『怀乡曲』やる気満々で伺いましたらば・・・。

「『怀乡曲』?あなた、終わりましたでしょ?
次の曲渡してませんでしたか?」

うぐぐ。しまった・・。そういうことだったのか?

「前回【2】段がイマイチの出来と言われたんで
そこを集中的に練習して来たんです~。
新課題は、あんまり弾いてないです~」

と言ってみると、
「じゃ、弾いてみて」

スムーズに弾けたところは、
「ここは、こうで」「そこ、これを入れて」と
新技の応酬。ひーーーー。
明らかにペケなとこは手直しが入り。
短くも凝縮されたレッスンに
呼吸もちょっと忘れてました・・。

で最後に
「わかりますね?わかってますね?」

わかっちゃいるけど~、、イヒヒ・・。エヘヘ・・。

正直、この曲の中盤、
民族音楽的表現は、まだまだ全然ペケです。
ほんと、難題です。

土地土地の民謡や、
民族独自の音楽を引用して作られた曲は
ほかにも多くありますが、そういう表現は
ちゃんとできてないと
なーんか、とってつけたみたいになりがち。。
気にし過ぎると、そこに気をとられて
曲が奏でられてなかったり。

それをお師匠は一言、
「味が大事、味が」とおっしゃいます。

でもまだ、この曲の『味』が身についてないので
お師匠が、突然味つけ変更して、
「ここは、これでもいいよ」とか
「ここも、こんな風にしてもいいよ」という時には
「え?ええ??」と、しどろもどろになります。

結局、これからも練習すること前提で、あがり。

次回課題は今度こそ『金珠玛米赞』。
ちょこっとだけ一緒にやりましたが、
こちらも、さらに、民族ちっく。
味、なんでしょうね、これまた。。。

聴きこんで弾きこんでおかなくては・・っ!

by 二胡っぴきbabu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へにほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。