二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 月琴の音色を聴いて思ったこと

先日の、アクロスコンサート反省会の折、
長崎から参加された方が「月琴」を持ってこられてたんですが
それは、とても珍しいものだということで。
gekkinn1
なんでも、
日本に現存するのは2本しかないとか!
超貴重です!!

もともとは、中国から渡ってきた楽器。
おそらく、このような品は中国にはもうないだろう、とのこと。

戦争も、もしかしたら原爆も
くぐりぬけて
生き残った楽器なのかもしれません。

この月琴には、弾いたときにピックがあたる部分に
ピックガード的なもので蛇皮がはってあったり、
ほんと、細工が細かくて・・・。

gekkinn2.jpg
ほらほら。
すごいよねぇ~~~~。
ギターで、指板に、貝殻で細工してあるのがあるけど、
あんな感じ?
見事にいっこずつ違う絵柄。
しかも、魚とか、あと、、何?わからんけど、おもしろ~~い!

今までの私の『月琴』のイメージといえば、、、これ。
jyooubachi.jpg
でた!昭和の名作!
金田一耕助シリーズ・『女王蜂』
特に、この市川昆監督の映画はおススメですよ~~。
映画を観ても思いましたが、
一時期、とても日本で流行した楽器だったんだろうと思います。

同門の方が演奏された曲に、
『茉莉花』と同じメローディの歌詞違いの曲があってビックリ!
でも、
中国から長崎に輸入されて、そこから日本に広まった
っていう経緯を考えると、納得です。

楽器を通じて考えると、中国と日本がとても密接なことを
改めて感じますね。

現代みたいに、コンピューターで
音楽つくれたり、演奏できちゃう時代だと、
人間が演奏したのとは違う、
ステキな音楽もあると思うけども、
そういう音楽にないものが、

間。

だと思うんです。

ま。
あいだ。
呼吸。
いきづかい。

音が鳴っていない部分にこそ
生身の人間が演奏する醍醐味があるのだ~~
と、これはまったくの自論なんですが。

休符の部分って、
機械だと、ゼロで無音になるけど
人間が休符とってるときって、ゼロじゃない。
でしょ?
休符を保つために、動いているというか。
呼吸してるというか。
うまくいえんけど。

やはり機械の音楽とは違う、あったかい何かがあるのが
生の楽器のいいところ!
さらに、つくりが精巧過ぎないが故の
諸々大変さがあるのが、民族楽器のいいところ!

そのあったかみを
大事にしていきたいものですね。

by 二胡っぴきbabu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

1 Comments

CHARLIE ZHANG  

月琴弾きです

 いいなあ,九州のほうだと出会える機会,やっぱこっちより多いんだろうなあ。
 はじめまして,東京の清楽月琴弾き CHARLIE ZHANG(日本人w)です。幕末から明治のころの月琴ってのは,けっこうな数残ってるんですが(弾く人がいなくなっちゃっただけ。参拙HP),この楽器,なんで「現存するのが2本」だって言ってました?もしおぼえてたらおしえてくんさい。
 棹は唐渡りの形式だなあ,胴体がちょと大きい気も…糸巻きは後補ですね。

2012/12/31 (Mon) 03:28 | EDIT | REPLY |   

Add your comment