Welcome to my blog

二胡っぴきbabu

二胡っぴきbabu

1回飛んじゃいましたが、レッスン記。
前回の曲は、お師匠さんの「今日の一回で終わるからね」宣言により
とっとと終わってしまいました。

ほんとに、とっとと。

どうも、その曲は、あまりお好きでなかったのか?
速い曲だったので、指練にはなりましたです。ハイ。

というわけで。
今回より『チャルダッシュ』です。

最近、ピアノジャックと葉加瀬氏のコラボバージョンを聴いて
それがかなり衝撃的だったもんでね~
まぁ、あそこまでのアレンジでなくとも
ちゃんと我が物にした上で、なんらかikuriアレンジでやれればなぁ
ぼんやり思っていたところ。

しめしめ。

やりたい曲ではあっても、なかなか手がつかなかった(むずかしいから)ので
レッスンでできるのは好都合♪

しかーし。
やってみると、しめしめなんて言ってられないのだ!

むずかしいのは、わかっていたんですけどもね。

最初のゆっくりんとこを
いかに弾きあげるか、がまずひとーつ。

そして、速弾き部分を、いかにツブツブに弾くか。
加えて、例の自然跳弓が。
(「こんなですかねぇ」とやってみた私に、なんともいえぬ苦笑いを浮かべた師匠・・)

そしてそして、
もっとも今悩んでおるのは、人工ハーモニクスでござります。

すごいネーミングだな。人工ハーモニクスって。
ハーモニクスがでないところの音を、
無理くり、ハーモニクスにしてしまうためのやり方ですがね。

お師匠さんが、一生懸命説明してくださいましたが、
説明に数字譜読みが絡んできたもんで、もーちんぷんかんぷん。
申し訳ないくらい何も理屈は理解できなかったですよ。
とりあえず、はーいと返事をして
勘で探り探り・・いくつかの正解を探り当て、
「そうです!わかりますね?」と言われても今度は私が苦笑い。

何せ、ハーモニクス音が出るようにするために、
人指し指で千斤代わりにして押さえることで
ふつーではハーモニクスがでないところをハーモニクスの音にしてしまう!
ってことなのでね、指、かなり、攣りそうになっとるし・・。
日常生活ではやらない形になっとるし・・。

グワシよりも難しいよ。

ほんとに、四苦八苦です。

これを、咄嗟に、きれいなハーモニクスを出して
メロディ弾くなんてできるのだろうか。。と不安になりながら練習はじめて4日。

いや~、
いまのところ、間違いなく人差し指を攣らせないようにすることにばかり
気持ちが向いてますな。。
この必死感が拭える日はいつ??

by 二胡っぴきbabu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

最終更新日2017-01-27
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply