二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 玉三郎&鼓童

今月、博多座にて公演中の
「アマテラス」を観に行ってまいりました~~。

kodo.jpg


歌舞伎俳優の坂東玉三郎と、
太鼓を中心とした伝統芸能集団?であってるかな?の鼓童。

玉三郎は歌舞伎の舞台は何度もみてるのですが、
こういう舞踊劇ははじめてです。
鼓童は完全お初。どきどきわくわく・・
そう
どきどきわくわくしすぎて、
幕が開く前に、えらい心拍数上昇。ひぃ~~

そして開演。

舞台中央に置かれた大きな太鼓の音に
いきなり心臓わしづかみ!ぎゅうぎゅう!

前半は、アマテラスが天の岩戸に隠れるまでの話。
琴と笛と太鼓に、なんとも印象的な銅鑼の響く中、玉三郎の舞。
その舞台上での存在感がスゴイ。
玉三郎が登場すると、そこだけ空気が重みを増すような、そんな感じ。
最後は、おおきなおおきな太鼓をスサノオが打ち鳴らして
暴れん坊ぶりを表現。圧巻!
後半は、アマテラスが賑やかな祭りの音に誘われて出てくるまでの話。
序盤は次々といろんな太鼓が登場して、楽しすぎ~♪
驚くほど息の合った演奏と力強い太鼓の響きと軽やかな身のこなしには、
もー、瞬きも忘れて見入ってしまいましてね、コンタクトもパリパリよぅ。。

玉三郎は、とても気品がある。
指先、つめの先、もしかして、そのまた先までも
考えて動いてるんじゃないかと思うほど。ホゥ。

鼓童は、前にテレビで見た、和太鼓集団、っていうイメージとはまた違って、
笑いも交えた楽しいステージで、とても新鮮だったな~~。

三度のカーテンコールにアンコール演奏まで!
もちろん客席はスタンディングオベーション。

ほんと、思った以上に楽しかった!
こんなスバラシイ舞台を体感した翌日に、我がのライブとはっ・・。

きっと、良い意味で影響されるに違いない!(笑)


by babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

0 Comments

Add your comment