日々、学ぶのです!

先日、二胡友とも話していたんですが、
「学ぶ姿勢って大事よね」

レッスンに来たときしか二胡ケースを開けない。
良く聞く話です。
それでも、一年開けないよりはましです。
でも、もし、もっと綺麗な音色で弾きたいと思えば
ちゃんと練習するべし!
教えてもらうばかりでなく
教わりにいってるという自覚がない人がいるよね、という話をね
してたんです。

ワタクシも、箱崎の公民館で、ちょこっとグループレッスンしてたり、
個人の方に教えていたりするんですが
幸い、皆さんとてもやる気に満ちていて、嬉しいです。
時に仕事や何かで弾けないときがあっても
弾きたいというキモチがあるからレッスンにやってくる。
それで、まずは十分だと思っています。

ワタクシの場合、誰かに音楽を教えようと思って楽器をはじめた訳ではないし、
専門の音楽学校に通ったわけでもないのですよ。
単に、二胡以外の楽器を含め、
多くの音楽に触れてきた、演奏歴が長い、ステージ経験が多い
というくらいか・・。

これまで、私のライブを見て、教えてください!と言ってくださる方や、
一人では練習の仕方がわからないから一緒に弾いてください!という方、
グループレッスンも、初歩のところまでならと、気軽なキモチで引きうけたものの、
数年経つうちに、いろいろと悩むこともあり。
特に、公民館のサークルでは、生徒さんらも一緒にボランティアへ行くことがあったりして、
グループでお師匠さんがどんなレッスンをしてらっしゃるのか?
初心者の方にはまずどんな指導をされるのか?
見学させてもらうことにしたんです。

教え方に悩んでると正直に申し上げたので、
お師匠さんにも奥さんにも快諾いただきましたが、
飯塚の生徒の皆さんには、
メモをとる謎の見学者がいて、やりにくかったことと思います。

lesson.jpg
ありがとうございました~!

おかげさまで
いろいろと発見もありました。
自分がお師匠さんに指導されてるときには気づかなかったこともあったし。
生徒さんの指導にばかりでなく
自分自身にも勉強になることもありました。
見学させてもらったよかった!

やはり、人生日々勉強!

by babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

 音楽の事

0 Comments

Leave a comment