二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 レッスン番外・包子(ちょっと不恰好)

本日はのレッスンは「山村変了様」。
前回、これを弾いたことがないと言ったら
「何?それなら弾いた方がいい!」
ということで。
弾けば弾くほど、メロディーにはまりこむね。
1950年代後半に出来た曲で、
1960年に、お師匠さん、上海に演奏に行った時にはじめて聴いて
その新しさが衝撃的だったと話してくださいました。

さてさて
レッスンは、予習のかいもあってさらっと終了。

ちょうど終わったのが12時頃で。お師匠さんが
「わたし、今からお昼ご飯つくります」

ほ?お師匠さんが?

すると奥さん、
「よく二人で一緒に作ります」
そこで、ちょっとお邪魔。
「写真はだめだめ」とお師匠さんは恥かしそうでしたが許可を得てパチリ。

ohiru.jpg
奥さんが用意していた生地を取り出し、伸ばしていくお師匠さん。
とてもいい手つきです!慣れてる!

「あなたも手を洗って手伝って」
そ、そうですね、写真撮るばかりではいけませんね。
しかし初めてのこと。不器用さが出ます。

「あ~~それじゃだめだめ」
とレッスン終わってもお師匠にダメだしか(笑)

そうやって20個ばかり包んでるうちにようやく慣れてきました。
ohiru2.jpg
でも、やっぱりちょっと不恰好・・・。

楽しそうにお昼の支度をするお二人を見てると
なんともまぁ理想的な老後の姿だなぁ~とほっこりしました(^^)


by babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

0 Comments

Add your comment