二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 長春旅行記・壱

長春より数日前に無事戻ってまいりましたー(^^)

一言でいうならば「笑いと涙の珍道中」(笑)
いろんなことがありすぎて、うまく文章にできませんが
自分目線からの旅レポしてみようと思います。

初日。
空港集合7:20。
まずは、何よりも大事な二胡を国外に持ち出すにあたり、
手続きをすませます。
書類

今回は、二胡をばらばらに分解。
皮の貼ってある胴部分は機内へ持ち込み、
その他のパーツは厳重に包んでケースに入れて預けました。

手続きが済んでほっとしたところで朝カレー。
のんびりしすぎて出国手続きぎりぎりな感じに(;^ω^)

無事に飛行機に乗り込んで、いよいよ出発~~。
出発

福岡9:50発~上海(浦東)10:30着
上海(浦東)14:25~長春17:05着
一日がかりの移動ですわ。

上海で、化粧道具をまるっと自宅に忘れてきたことに気づき、
空港内のファミマに行ってみたけどほぼ食べ物しか無い~(;^ω^)
インフォメーションで尋ねてみたけど、あっさりと
「ここにはないよ!街へ行きな!」と言われた(ような気がする(笑))。
空港には日本のように手軽に買えるドラッグストア的なものはなく、
早くも日本の便利さを痛感。まぁこれも旅の醍醐味。
結局、後発グループの友人に頼むことに。(;´д`)トホホ

その後、検査の時に、私のブーツが鳴る鳴る。
ジーンズのジッパーも鳴る鳴る。
かぶっていた帽子も取られ、くつも脱がされ、代わりのスリッパもなく、
腹筋を鍛えろということか?という状態で長いこと椅子に座らせれました。
まるで修行。

福岡発の機内で食事が出たばかりなのに、今度の機内はおやつ。
機内のおやつ
パンは、かなりの水分奪われ系だったそうな。

まもなく長春
お天気が良くてよかった!
上海へ降りるときは、すこし景色が黄土色でびっくりしたけど
長春は緑が多くて、とてもきれいだ~。
ところどころにまっすぐ伸びる道路と、川が印象的でした。
私の感覚では、「そ~んなに低空飛行せんでも大丈夫やろ??」ってなくらい
ぐぐぐいっと高度が下がったのでちょっぴり怖かったけど。

そしてそして
やや遅れながらも無事に長春到着です!
先生のお弟子さんがお出迎えに来られていて、感動の再会!
長春到着 (1)

空港の外に出ると辺りは真っ暗!
まーしかし、驚いたことといえば。
街を彩る電飾。
長春到着 (2)

長春到着 (3)

公共の建物やお店かと思ったら、普通のマンションや、病院までも電飾で!
いや~~派手だ!でもイメージどおり!

ホテルに着くと、指揮者のソンさん、楽団の団長さんがお師匠さんを待っていらっしゃいました。
そのまま、私たちも一緒に食事会へ。
メニュー名もわからぬほど豪華・・。
食事会
食事の間も、お師匠さんと指揮者の方はお互いのことを話されていて、
私たちが演奏する曲の話になると、
おもむろに指揮者の方がメトロノームを起動!
どうやらある曲について「このテンポ以下はありえない」と言ってるようだ・・。

明日か明後日にあるという、まずは先発組4人だけでのリハ、
楽しみだけど、どきどきどき・・・

ホテルへ戻り、荷解き・二胡組み立て・ちょこっと練習などするうち夜中。
明日も早いから寝なくちゃ~~と無理やり就寝。
初日終了です(^^)

by babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

0 Comments

Add your comment