二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 長春旅行記・参

さて、滞在四日目。いよいよ今夜はコンサート本番!
前夜に、
古箏の江舟さん、門下会の会長さんをはじめ、全員が長春に無事到着~。

到着でお疲れのところを、変更点だけは・・と、録音聴いてもらい、伝達。
まあ、泣いても笑っても、もう本番!やるしかないです!

コンサート

とまぁ、臨んだ本番。
お師匠さんのためにたくさんカメラを回してくださった方がおられ、
おかげさまで、私たちもDVDで頂戴しました。感謝感謝です。
雰囲気だけ写真で・・こんな感じで。

コンサート1

コンサート2

コンサート3

コンサート4

老師

お師匠さんの演奏に、門下生号泣。
いろいろな思いがぐるぐるとめぐりました。
これまで、日本でいろいろと活動されてきたお師匠さんですが、
こうやって、凱旋公演ができたこと、本当に、うれしく思いました。

コンサートのことは、いずれ何らかの形で詳細お届けしたいと思います。

無事にコンサートが終わり、ホテルで打ち上げ会を終え、
あーこれで今夜はぐっすり眠れる~~~、と
自室に戻ったワタクシと同室のまみりんを待ち受けていたのは・・・

なんとっ・・・

・・・大量のテントウムシ。
正直自分の許容量を超える50匹あまりのテントウムスィ~ひぃ~~~~!

・・なぜ?
どうやら、清掃の方が良かれと思って窓を開けてくださっていた様子。
しかし、この部屋の網戸には、わずかに隙間が・・・。

思えば、二日目には、前日開いていた冷蔵庫に自分らの飲み物を入れていて
鍵がかかってしまって開けてもらった、通称「Yes!My drink!」事件。
バスルーム、水漏れ洪水事件
いきなりの隣室停電事件

そして今度はテントウムシ・・・・。
テントウムシ・・英語も中国語もわかりません。交渉もできましぇえん。
(後に七星なんたら~と教わる)

いえいえ、そりゃあね、テントウムシはきっと何もしない。そこにいるだけ。
わかってはいても、枕元に落ちてくれば、いやなものはいやだ。

こうして、夜中のテントウムシ駆除がはじまったのでした・・・。
私は、このまま駆除職人になれるのでは?という身軽さで
テーブル、窓枠を飛びわたり・・。
そのあと、駆除協力してくれたT氏と三人で軽く打ち上げ。

コンサート当日の最大の思い出は
テントウムシ君となってしまいました(笑)

by babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

0 Comments

Add your comment