二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri ~二胡っぴきbabu~ blog

 二胡っ弾きbabuのレッスン記1・『良宵』

超自由な二胡っ弾き・babuですが、
縁あって、今年から(やっとかい!)
市内某所へ、レッスンに通っています。

障害となって立ちはだかる、にっくき数字譜と移動ド。
思えば、数年前のレッスン挫折の一つの要因はコレ。
結局、克服できぬままで行くことになってしまったので
若干の不安は残るものの。
行けば何かしら得るものが必ずあるだろうと信じて
いざ、初レッスン!

babu「あの、私、数字譜、ほとんど読めませんので」
師匠「だいじょぶだいじょぶ。さあさあ、何でもいいです、弾いてください」

いや、だいじょぶって、何が・・?

会話になってるような、なってないような状況でスタート。

唯一、今でも覚えてる中国の曲「良宵」を。
あれやこれや指摘されて
なるほどなーと思うこと多々あり。
嬉しかったのは、
曲の背景、情景、作者の心理などの話をしてくださること。
ありがてぇ。それがあると無いでは、大違いっす。

とりあえず今後レッスンは、曲を選んでやることに。
教材使用=毎回、次回練習曲を初見でやる
の恐怖から開放され、ひとまず、ホッ・・。
気が楽になったので、
「いやぁ、実はバンドをしてましてぇ~」なんて話してみると、
「あ~~いいですね、なんでもどんどんやりなさいやりなさい」

レッスン後、会話の流れで、
「劉天華は、一曲しかやったことが無いんですよ~」と言うと
「それはいけない!最低5曲はやりましょう!」
と、ややコーフン気味の師匠。
(え~~~~~っ!
おそらく、心の叫びが、思いっきり顔に出たのでしょ、、
「劉天華をやってないなんて、ありえねぇ~~」
とは、もちろんおっしゃらないですけどね、
それに近い表情を浮かべてらっしゃいました。

劉天華の生い立ちから、お弟子さんの話しも交えて、
興味深いお話を伺えました。
そして、師匠の楽団時代の話や、楽器のこと。
さんざん話して、
「あ、これは内緒の話でした」
面白すぎです、師匠。


by 二胡っ弾き・babu


にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

2 Comments

えまちゅー  

No title

音楽って感性が先行する芸術なんですね。
新しい展開に一歩踏み出すまでが葛藤なんですけど、一歩を踏み出してみると新たな発見があるんですね~。

ガンバです~!応援してます!!v-218
v-441v-441

2009/05/15 (Fri) 10:01 | EDIT | REPLY |   

babu  

やっとこさの一歩ですがね

早くも、いろいろと発見できてますよ~。
いつまで通えるかわからないし、
習えるうちにいろいろ吸収したいという、
かなり貪欲な気持ちも芽生えはじめ・・。
がんばります!v-91

2009/05/18 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment