二胡のこと・日々のこと・バンドのこと

ikuri BLOG

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 二胡演奏しててよかったな、と思ったこと

箱崎の二胡サークル二胡遊会、
今期もさっそく
地域のボラ演奏にお声かけいただきまして
先月、今月と演奏に行ってまいりました。

きんしゃい (1)

きんしゃい (2)

ひさしぶりにお邪魔いたしました、『きんしゃい』さん。
本当に、楽しみにしてらっしゃったらしく開演の30分前には満員御礼笑
みなさん、きちんと席について待っていらっしゃったので、10分前にはじめちゃいました。

終わってからお話を伺っていると
スタッフさんが涙。。え~~っ💦と焦っていると

「これまで、このデイサービスに来られても、ほとんどしゃべったり笑ったりされない
参加者の方がおられたんですが、今日はとても楽しそうに笑っておられるのをみて
ほんとうに、来ていただいてよかったです」

私たちのほうこそ、生徒さんの経験の一つとも思いお邪魔していて、
つたない演奏なのに、そんなに感謝されると逆に申し訳ないような~~
でも
来てよかったね、とみんなで話しました。

帰りぎわに、一人のおばあさんが、握手してお礼を言ってくださって、
その目に涙がにじんでいたので、こちらももらい泣きして
ずっと、その手が離れなくて、、なんだか切ない気持ち。
あとからスタッフの方が
「今のおばあさんは、今度施設に行かれることに決まったので、もう
ここへは来られないんですよ」
ああ、、それなのに、
「また来ますから、それまでお元気で」なんて。。。
それでもおばあさんは、「ありがとう、楽しみにしてますよ」と言ってくださいました。

感謝されたくて演奏しているわけではないけれど
二胡の演奏で、
何か少しでも、心があったかくなってもらえるなら
とてもうれしいこと。

遊会も
二胡キチも
ikuriでも
演奏は、やっぱり、聴いてくれる人があってのもの。

二胡に悩むことが、もしあったら
この日のことを思い出そうと思いました。


by babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。