Welcome to my blog

二胡っぴきbabu

二胡っぴきbabu

時々、
「弦が3本や4本の二胡ってあるんですか?」
と、聞かれることがあるんですが、
4本の弦が張ってある、四胡っていう楽器があるんですよね~。

私も実際に見たことはないんですが、
内モンゴルの楽器だそうです。
弦四本は、1,3弦をD、2,4弦をAにチューニング。

お師匠に、
「四胡って、四本の弦を、どう弾くんですか?」とたずねると、
「弓は、毛の部分が二つあって、弦に交互に挟まってるよ」

え??うーん・・よくわからんぞ~。

そして、お師匠は、両手を弦と弓に見立ててやって見せてくれたんですがね。

どうやらこういうことのようです。
弓

で、Dの弦、Aの弦は
それぞれ同時に鳴らす、ということ。

半分だけなら、二胡と同じなんだなぁ~。

動画を探してみましたらば・・ありました!
↓↓
四胡・YouTubeより

1分過ぎくらいからは、奏者の方の手元もばっちり!
どうやら、
弦を押さえる指の場所も、
二胡は指先あたりなのにくらべ、
四胡は、腹というか、関節?くらいの場所。
ユニゾンで鳴らすので、独特の響きがあるねぇ~。
広大さを感じるサウンドですね~。


by 二胡っぴき babu

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply